読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amarronの日記

iOSやMac、Web系の記事を書きます。

iOS AdMob 実装 方法

AdMob SDKの導入方法や手順が書いてあります。(iPhoneiPadが対象)

やりたいこと

iOSアプリにAdMobのバナー広告を表示させたい。
(AdMobとは、Googleが運営するアプリ専門のアドネットワーク。日本国内の収益性は微妙だが、海外の広告案件が豊富。)

f:id:Amarron:20150215023503p:plain

流れ

  1. AdMobに登録
  2. アプリにSDK組込
  3. 広告ユニットIDの作成

細かい部分はAdMobのスターターズガイドがしっかりしているので、その通り進めば多分大丈夫だと思います。

1. AdMobに登録

AdMobのサイトでユーザー登録をします。
「Sign Up」ボタン押下後適当に個人情報を入力して進みます。
(全文英語ですが、一般的なユーザー登録なので英語読めなくても何とかなるはず。。。)

f:id:Amarron:20150215024507p:plain

2. アプリにSDK組込

今回は、CocoaPodsを利用してSDKを組込みます。
CocoaPodsの利用方法がわからない方はこちら

f:id:Amarron:20150215023529p:plain

2-1. Podfileの作成・SDKインストール

ターミナルを起動しPodfileを作成しSDKをインストールします。

$ vi Podfile   # Podfileの作成
platform :ios, '8.0'
pod 'Google-Mobile-Ads-SDK', '~> 7.0'
$ pod install  # SDKインストール
Analyzing dependencies

CocoaPods 0.36.0.beta.2 is available.
To update use: `gem install cocoapods --pre`
[!] This is a test version we'd love you to try.

For more information see http://blog.cocoapods.org
and the CHANGELOG for this version http://git.io/BaH8pQ.

Downloading dependencies
Installing Google-Mobile-Ads-SDK (7.0.0)
Generating Pods project
Integrating client project

[!] From now on use `BannerExample.xcworkspace`.
$  # 「プロジェクト名.xcworkspace」が作成されていればインストール完了!

2-2. AdMobを実装

とりあえずSDKが読み込めているか試してみましょう

# swift
// Bridging-Header.h
@import GoogleMobileAds

// BannerExampleViewController.swift
class BannerExampleViewController {
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        println("Google Mobile Ads SDK version:\(GADRequest.sdkVersion())")
    }
 }
# Objective-C
// BannerExampleViewController.m

@import GoogleMobileAds;
#import "ViewController.h"

@implementation BannerExampleViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  NSLog(@"Google Mobile Ads SDK version: %@", [GADRequest sdkVersion]);
}

@end

次に、バナーを作成し画面表示されたらOKです。
広告ユニットIDは、「3. 広告ユニットIDの作成」で作成し自分のIDに変更しましょう

# swift
// BannerExampleViewController.swift

// GADBannerViewDelegateを追加
class BannerExampleViewController, GADBannerViewDelegate {
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        println("Google Mobile Ads SDK version:\(GADRequest.sdkVersion())")
        
        var bannerView: GADBannerView = GADBannerView()
        bannerView = GADBannerView(adSize:kGADAdSizeBanner)
        // 広告ユニットIDを指定する(3. 広告ユニットIDの作成参照)
        bannerView.adUnitID = "ca-app-pub-3940256099942544/2934735716" 
        bannerView.delegate = self
        bannerView.rootViewController = self
        self.view.addSubview(bannerView)
        bannerView.loadRequest(GADRequest())
    }
}
# Objective-C
// BannerExampleViewController.h

// SDK から GADBannerView の定義をインポートする
#import "GADBannerView.h"

@interface BannerExampleViewController : UIViewController {
  // インスタンス変数として 1 つ宣言する
  GADBannerView *bannerView_;
}

@end

// BannerExampleViewController.m

#import "BannerExampleViewController.h"

@implementation BannerExampleViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];

  // 画面上部に標準サイズのビューを作成する
  // 利用可能な広告サイズの定数値は GADAdSize.h で説明されている
  bannerView_ = [[GADBannerView alloc] initWithAdSize:kGADAdSizeBanner];

        // 広告ユニットIDを指定する(3. 広告ユニットIDの作成参照)  bannerView_.adUnitID = MY_BANNER_UNIT_ID;

  // ユーザーに広告を表示した場所に後で復元する UIViewController をランタイムに知らせて
  // ビュー階層に追加する
  bannerView_.rootViewController = self;
  [self.view addSubview:bannerView_];

  // 一般的なリクエストを行って広告を読み込む
  [bannerView_ loadRequest:[GADRequest request]];
}

- (void)dealloc {

  // プロジェクトで ARC を使用している場合は bannerView_ を解放しない
  [bannerView_ release];
  [super dealloc];
}

@end

広告のサイズやターゲットの設定はこちら

3. 広告ユニットIDの作成

  1. AdMob管理画面に「1. AdMobに登録」で作成したアカウントでログイン
  2. 広告ユニットIDの作成
    1. 「収益化->新しいアプリの収益化」ページまで移動
    2. アプリを追加
    3. 広告フォーマットの選択と広告ユニット名の設定
    4. 表示の設定方法
    5. 完了ボタン押下
  3. 広告ユニットIDをアプリに設定
    1. 「収益化->すべてのアプリ」ページまで移動
    2. 自分が追加したアプリの「広告ID」が発行されています

      f:id:Amarron:20150215023554p:plain

    3. 「2-2. AdMobを実装」で設定していた「広告ID」を自分の「広告ID」に変更しましょう

  4. 表示と計測の確認
    1. アプリを起動し広告が表示されているか確認しましょう(広告IDを変更した場合、よく見かける一般的な広告に差し替わっていると思います。)
    2. 広告を押下し外部サービスが起動することを確認しましょう
    3. 管理画面上で計測が正しくとれていることを確認しましょう(リアルタイムに反映されないので時間を置いて確認しましょう(私の場合1時間位で反映されていました))

以上で全て終了です。お疲れ様でした!